新規会員申込
IFRS検定(国際会計基準検定)試験
アビタスはIFRSコンソーシアムを応援しています!

IFRS Consortium2010「グローバル化とIFRS、日本企業の対応を考える」

 
第1部&第2部
第3部&第4部
第5部
動画
動画を見る
動画を見る
動画を見る

満員御礼、有難うございました。

日時 2010年2月17日(水) 13:30~18:30 
※受付開始時間 12:45~
場所 日経ホール 
〒100-8066 
東京都千代田区大手町1-3-7 日経ビル
3階、4階 日経ホール
アクセス
(※受付は3階となります)
対象 経営幹部、経理・財務担当役員、部長、
担当マネージャーなど
定員 600名
参加費用 一般:¥10,500
IFRSコンソーシアム会員:無料
(法人会員は、3名まで無料です)
主催 IFRSコンソーシアム

特別協賛

 

リード協賛

 

  アクセンチュア株式会社
 

プラチナ協賛

ジャパンビジネスアシュアランス株式会社
株式会社シグマクシス
TIS株式会社 日本オラクル株式会社

ゴールド協賛

プラムフィールドアドバイザリー株式会社
株式会社アビタス
株式会社クロスフィールド  
みずほ情報総研株式会社      

プログラム概要

13:30~14:20 第1部:基調講演1
島崎 憲明 氏
IFRSの国際的アドプションの動向と日本での対応

IFRSは、世界110ヶ国余りで使われるようになってきている。我が国においても、2010年3月期から認められる任意適用に向けた法令整備や、導入に向けた各企業における具体的な取り組みが進められているところである。IFRSの国際的なアドプションに向けた米国、欧州での最近の動きを説明すると共に、日本経団連におけるIFRS導入準備タスクフォースでの実務的な検討の進捗状況等を説明する。

島崎 憲明 氏
社団法人日本経済団体連合会 企業会計部会長
住友商事株式会社 特別顧問
プロフィール

14:20~15:10 第2部:基調講演2
手塚 正彦 氏
IFRSの導入にあたり経営者が考えておくべきこと

IFRSを適用することによって、企業の財務報告数値、財務報告の様式、財務報告書類の作成プロセスに少なからず変化が生じることが予想される。企業経営者が、このような変化にどのように対処していくべきかを考察する。また、任意適用を志向する場合と強制適用まで待つ場合とでの対処の相違についても述べる。

手塚 正彦 氏
有限責任監査法人トーマツ、パートナー、公認会計士
IFRSアドバイザリーグループリーダー
プロフィール
15:10~15:20 休憩
15:20~16:10 第3部:基調講演3
藤田 和弘 氏
「経営管理にIFRSを活かす」

グループ経営管理の高度化・可視化等、経営課題への全社的取組みとIFRS対応は効果的に連携することが求められます。IFRS対応プロジェクト進め方と組織的対応の留意点を考察して行きます。

藤田 和弘 氏
アビームコンサルティング株式会社
IFRSイニシアチブ統括責任者
執行役員 プリンシパル
プロフィール
16:10~17:00 第4部:基調講演4
大野 純一 氏
「IFRSとITシステムについて考える」

IFRSは、経理・財務部門が検討すべき会計制度の変更のみではありません。会計基準の統一は、グループ全体の経営統制力の向上、グローバル・オペレーション・モデルの構築を図る絶好の機会であり、それは、ITシステムの活用により具現化されます。
多極世界におけるビジネスで先行する欧米ハイパフォーマンス企業IFRS対応システム事例や国内IFRS検討事例などを踏まえ、IFRSとITシステムとの関係について、解説します。

大野 純一 
アクセンチュア株式会社
IFRSチーム
テクノロジー コンサルティング本部
シニア・マネジャー
プロフィール
17:00~17:10 休憩
17:10~18:30 第5部:IFRSコンソーシアム委員による公開討論会
  「ムービングターゲットにどう対応するか、導入プロジェクトをどう進めるか!」

パネリスト

関沢 裕之氏 日本電気株式会社 経理部主計室長
西田 圭一氏 KDDI株式会社 経営管理本部経理部担当部長
佐藤 要造氏 旭化成株式会社 経理・財務部会計グループ長
手塚 正彦氏 有限責任監査法人トーマツIFRSアドバイザリーグループリーダ
藤田 和弘氏 アビームコンサルティング株式会社IFRSイニシアチブ統括責任者 プリンシパル
桜本 利幸氏 日本オラクル株式会社アプリケーション事業統括本部ディレクター

モデレーター

脇 一郎氏 ジャパンビジネスアシュアランス株式会社 公認会計士マネージングディレクター